009

home care

美髪をつくるドライヤー方法!!2016.04.07

今回はタオルドライとドライヤーの方法を紹介していきます。

~タオルドライ~

注意することは力を入れてゴシゴシ拭かないことです。

髪は濡れている状態だとキューティクルが開き乾いた髪よりものすごく弱くなっています。

なので早く乾かしたいからと言って力強くゴシゴシすると摩擦で髪に負担がかかってしまいます。

タオルドライをする時はゴシゴシ拭くのではなく、指の腹で頭皮をマッサージするような感覚で水分を取っていきましょう!!

~ドライヤー~

タオルドライをせずにそのままドライヤーをすると、乾くのに時間がかかって髪に必要な水分までなくなってしまいパサつきの原因になるので注意が必要です。

ドライヤーをする時は、全体の根元を乾かしていきます。この時、頭皮に風をあてるように乾かすと時間が短縮できます。

根元が乾いたら次に毛先を乾かします。根元を乾かしているときにある程度乾いてくるので、パサパサになるまで温風をあてなくても大丈夫です。毛先が若干湿っていると感じるぐらいでOKです!!

最後に冷風を根元から毛先に向かって当ててあげるとキューティクルがしまりツヤがでるので試してみて下さい!!

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • rello
  • anice
  • So-so