wpid-wp-1469024817900.jpeg

home care

気になる?頭皮のニオイについて2016.07.20

残念ながら自分のニオイは自分では分からないような脳の仕組みになっています。他人には分かりますよ。

 

毎日シャンプーしても気になる頭皮独特のニオイ、、、。

原因は大分類して外因性のものと内因性。

「外因性」の原因

1.洗い残した皮脂】 汗は簡単に洗い流せますが、皮脂は油分なので地肌の毛穴付近を丁寧に洗わなければ地肌に残ります。残ったまま時間が経てば ”過酸化脂質”(平たく言えば腐敗した脂)となって、独特のニオイとなります

2.ドライヤー不足の雑菌臭】 暑いからを理由に夏場にシャンプー後ドライヤーを使用しない方、適当に表面しか乾かさない方に多く見られます。”生乾きの雑菌臭”(部屋干しジワジワ乾いた選択物)。繁殖する雑菌の餌は”不要になった皮膚(タンパク質)”、”洗い残した皮脂(油分)”、そして”水分”。シャンプーに清潔になった頭皮や髪も、生乾きで寝ている間に雑菌が増殖します。

3.乾燥すると皮脂が分泌】 エアコン、紫外線、限度を超えると頭皮が乾燥し、肌を守る為に皮脂が分泌されます。皮脂を気にしてシャンプーの回数を増やしすぎたり過度なクレンジングを行うと更に過剰な皮脂が分泌されます。

「内因性」の原因

1.【食事】 ”油(脂)分の多い食べ物”=不要な油分は体外に排出されるので、頭皮、顔(Tゾーン)、背中、手の平、足の裏の皮脂の分泌は多くなります。また、”濃い味の食べ物”、”ニオイの強い食べ物”を多く食べ過ぎると体内のニオイ自体が強くなり自ずと体臭が強くなります。

2.【ホルモンバランスの変化】 ”女性ホルモンは消臭作用あり”と言われるように女性ホルモンの働きによって”皮脂の分泌や活性酸素の抑制”されています。だから女性は男性よりニオイが少ない。ただしホルモンバランスは変化します、女性の場合30代を境に減少する女性ホルモン、出産や代謝の低下など人によりさまざまな原因があります。ストレスも多くなると女性ホルモンの分泌が低下し、男性ホルモンが増え”皮脂の分泌や活性酸素”が増えることになります。

 

頭皮は顔の2倍以上の皮脂が出るといいますが、毎日のシャンプーでも臭いが気になる方は、ケアリストやライフスタイルを知っている担当のスタイリストに相談してみて下さい(^_^)
沢山あるケアの中で自分にあったケアの仕方を知る事は大切ですよ🎵

因みに私の毎日の習慣は

image

この頭皮用化粧水です!
皆様も快適な頭皮で過ごしてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • rello
  • anice
  • So-so